プラスチック食品容器の機能と役割

プラスチック食品容器は私たちの便利な食生活を陰から支えています。
今回は知られざる!?プラスチック食品容器の機能・役割をご紹介します。

食品容器 3つの役割

食品を守る

支える

情報を伝える

こんな場所で活躍中

私たちの作っているプラスチック食品容器は産地、食品工場、輸送、お店など様々な場所で活躍しています。中に入れる食品によって食品容器に求められる機能や役割も様々です。また、食品容器を使うお店・消費者のニーズに合わせて、プラスチック食品容器の機能も進化しています。

産地

「フルーツパック」

「フルーツパック」

傷みやすい果物をお店や家庭まで守ります。

「卵パック」

「卵パック」

割れやすい卵をパック詰めすることで安全に効率的に輸送することができます。

工場

「納豆容器」

「納豆容器」

納豆は容器の中で大豆を発酵させてつくられます。発泡スチロール製の納豆容器は断熱性、クッション性があり、大豆を発酵させる道具としても活躍しています。

「弁当容器」

「弁当容器」

仕切り付きの容器があることで弁当のような詰め合せ商品を効率的に作ることができます。

輸送

効率よく運ぶために積み重ねが良く、食品がつぶれないように容器の形を工夫しています。

効率よく運ぶために積み重ねができ、食品を傷めないように容器の形を工夫しています。

容器は軽くて、丈夫なので楽に持ち運ぶことができます。

容器は軽くて、丈夫なので楽に持ち運ぶことができます。

お店

フタやラップをしているので衛生的で、食品の鮮度を保持することができます。

フタやラップをしているので衛生的で、食品の鮮度を保持することができます。

容器があることで商品名、価格、量目などの情報をお客様に伝えることができます。

容器があることで商品名、価格、量目などの情報を消費者に伝えることができます。

家庭

そのまま食卓に並べられます。

そのまま食卓に並べられます。

そのまま衛生的に保存できます。

そのまま衛生的に保存できます。

 
 

中央化学株式会社 お問い合わせ先 〒365-8603 埼玉県鴻巣市宮地3丁目5番1号 TEL 048-542-2511(代表) FAX 048-543-1834

このページの先頭に戻る