中央化学ってどんな会社?

1.中央化学は総合食品容器メーカー

私たちの周りでは、たくさんのプラスチック食品容器が使われています。中央化学はスーパーマーケット、コンビニエンスストア、お弁当・惣菜の専門店を始めとする様々なところで使用される食品容器の企画から研究開発、製造、販売までを一貫して行なう総合食品容器メーカーです。

バーチャル工場見学はこちら

2.モノ作りは原材料選びから

中央化学は、安全で環境負荷の少ない原材料の選定、製品開発からリサイクルまでライフサイクルアセスメント(LCA)に基づいたモノ作りを実践し食にかかわる企業の社会的責任として、安全・安心な食品容器を未来に向けて提供し続けたいと考えています。
中央化学は、原材料選びからこだわります。CO2排出量の少ないもの、軽量化ができるもの、リサイクルが容易な単一なものであることをその基準と定めました。

製品力についての詳細はこちら

3.素材開発は中央化学のDNA

中央化学は、創業以来素材の開発に注力してまいりました。流通網の発達、電子レンジの普及そして環境意識の高まり等その時々に合わせた最適な素材を開発し、それを食品容器として提供し続けています。

4.リサイクルも私たちの役目

一度使ったら廃棄されてしまう食品容器ですが、私たち中央化学は常に有効な活用方法を模索しています。現在ケミカルリサイクル、マテリアルリサイクルそしてサーマルリサイクルの3つの手法でスーパーマーケット等の店頭から回収した使用済み食品容器のリサイクルを推進しています。

リサイクルについての詳細はこちら

5.再生プラスチックの使用について

食品用途への再生プラスチックの使用についても国の規制・基準が設定されています。「食品用器具及び容器包装における再生プラスチック使用に関する指針」(食安発0427第2号 平成24年4月27日厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知)

当社製品は、法令および業界自主基準に適合した原材料のみを使用して適正に製造されております。
また、一部の再生プラスチック製品についても、法令・行政指導(再生プラ指針)および業界自主基準に適合しております。安心してお使いいただけます。

再生プラスチックの使用についての詳細はこちら

6.中国での食品容器ビジネスの展開

1994年7月に中華人民共和国遼寧省海城市に最初の製造拠点を設けて以来現在は5製造拠点1販売拠点を設立、さらに2012年9月にこれらの拠点を統括管理する環菱中央化学管理有限公司を上海市に設立し中国における事業拡大に向けた体制作りを整えました。
中央化学は、これからも消費が拡大する中国において安全・安心な製品をお届けし事業拡大を目指してまいります。

中国事業についての詳細はこちら

 
 

中央化学株式会社 お問い合わせ先 〒365-8603 埼玉県鴻巣市宮地3丁目5番1号 TEL 048-542-2511(代表) FAX 048-543-1834

このページの先頭に戻る