ホーム > 環境の取り組みの歴史

環境の取り組みの歴史

西暦 和歴 環境・リサイクルの取り組み
1961 昭和36
  • 埼玉県鴻巣市で中央化学を設立
1972 昭和47
  • 日光分解型PSPトレーを発売
日光分解型PSPトレー
1975 昭和50
  • 業界初、研究開発室の設置
研究開発室
1977 昭和52
  • 廃プラスチック溶融炉を開発
1979 昭和54
  • 東京・町田市で使用済みトレーの回収実験を実施
東京・町田市で使用済みトレーの回収実験を実施
1989 平成元
  • 空気発泡技術を開発(特許取得)、<CTF容器>を発売
  • 通産省工業技術院と生分解性プラの共同研究に着手
  • 生分解性プラスチック研究会の設立に参画
1990 平成2
  • 使用済みプラスチック燃料化システム・MCPシステムを発表
  • 使用済みPSPトレーの回収リサイクルに着手
1992 平成4
  • コープこうべ・西友とトレー・トロ箱の油化還元実験を実施
  • 廃プラスチックのケミカルサイクル研究でフジリサイクルに資本参加
  油化還元プラント
油化還元プラント
1993 平成5
エコ・ベンチ
エコ・ベンチ
  サンドイッチ射出成型技術を開発
サンドイッチ射出成型技術を開発

 

  • サンドイッチ射出成型技術を開発し、リサイクル製品・エコシリーズとして発売
  • 通産省中小企業事業団の埼玉県桶川市での廃プラスチック実証事業に参画
  • 西村産業と廃プラ減容機事業で提携
1994 平成6
  • 減容機<プラローターミニ>を発売
  • 減容システムでトレーリサイクル体制の構築を推進
  • トレーリサイクル事業でケーシーエコプロダクツ社設立
    舗装材<バランスロック・エコラバー>を発売
1995 平成7
  • コープこうべ、大和産業と共同開発したリサイクル製品・エコバスケットを発売
  • リサイクル時計・エコ時計を発売
1997 平成9
  • トレーリサイクル製品エコ漆器を発売
  • なみはや国体で、クボタと共同でPS容器、CT容器の油化還元を実施
1998 平成10
  • 長野オリンピックで会場内の食品容器を日立造船と油化還元
  • 減容機による全国28ヶ所のリサイクル拠点体制が整う
長野オリンピック感謝状
長野オリンピック感謝状
1999 平成11
  • リサイクル製品・物流用エコキャリーを発売
2000 平成12
  • 使用済みPET定期券とトレーで新タイプのエコ・ベンチを開発、京王電鉄が本格採用
  • リサイクル製品のエコウッド、エコシート、エコレンガ、エコウッド、エコバイキングバット発売
  • 騎西・環境・リサイクル展示場を開設
  京王電鉄 エコ・ベンチ
京王電鉄 エコ・ベンチ
2001 平成13
  • PET再生容器の衛生安全対策を業界推進
  • PSPのケミカルリサイクルで東芝プラントの実証試験に参加
  • リサイクル製品・陳列台(エコ平台)を発売
  • 岡山・東北・環境・リサイクル展示場を開設
  岡山工場 環境・リサイクル展示場
岡山工場
環境・リサイクル展示場
2002 平成14
  • ケミカルリサイクルによるリサイクルPSPトレーの試作に成功
  • 政府主催のリサイクル表彰で、リサイクル推進協議会会長賞を受賞
  • エコ・ベンチの需要拡大、各地で採用が進展
2003 平成15
  • リサイクル製品<エコたこばこ>を商品化
  • 富沢・環境・リサイクル展示場を開設
2004 平成16
  • 透明容器の店頭回収実験を、生協と共同で実施
2005 平成17
  • 環境負荷低減5ヵ年計画を策定
  • 八都県市、容器包装ダイエット宣言に参加
  • 茶がらと使用済み食品トレーで抗菌性リサイクルベンチを開発
  • 愛・地球博で耐熱タイプのバイオプラ・C-GP容器が採用
茶がら入りベンチ
茶がら入りベンチ
2006 平成18
  • 環境負荷低減5ヵ年計画を実施(2006年から2010年)
  • CTE社、リサイクルシステムを確立
  • バイオプラスチックをBIOCSと命名
2007 平成19
  • 容器包装3R推進環境大臣・奨励賞を受賞
  • 埼玉環境賞・彩の国エコアップ大賞受賞
  容器包装3R推進環境大臣・奨励賞
容器包装3R推進環境大臣
奨励賞
2008 平成20
  • 経産省のカーボンフットプリント試行事業に参画
    ユニー社とPLA鶏卵容器のCO2試算
  • 店頭回収用樹脂選別装置を試作
PLA鶏卵容器
PLA鶏卵容器
2009 平成21
  • 新日本製鐵とケミカルリサイクル・コークス炉化学原料化法で協力体制を確立
2010 平成22
  • ケミカルリサイクルで、新たなリサイクルシステムを構築
2011 平成23
  • 新素材「スマートダッシュ(SD)」、「スマートPP(SPP)」、「スマートCT(SCT)」を開発
2015 平成27
  • 消費期限の延長を可能とする機能性容器である「ガスバリア容器」の製造・販売を開始
2016 平成28
  • リサイクルPETシートを使用した「CHUO A-PET GREEN」の製造・販売を開始