環境(Environment)

[環境とともに]
気候変動への対応をはじめ、さまざまな環境課題への解決を事業活動を通じて積極的に取り組んでいます。

環境マネジメント

環境基本方針、企業行動基準に沿って、環境マネジメントシステム推進や地域環境条例への対応を行っています。

貢献するSDGs

環境基本方針

私たちは、社是である全員創意の精神で、企業理念にうたわれている地球環境の保全と限りある資源の保護に努め、国内外の地域文化を尊重し、社会の調和に努めます。

企業行動基準(環境活動について)

  1. 地球環境の保全や環境に関する法令を遵守し、省エネルギーや、省資源・環境負荷低減素材・製品の開発・販売・廃棄物の削減などの環境活動を推進する。
  2. 地球温暖化防止のため、CO2排出量削減、省エネルギー対策を積極的に推進する。
  3. 製品開発にあたっては、省資源、CO2排出量削減、非石油資源の利用を図った設計・素材開発を行い、次世代の製品を創出する。
  4. リサイクルにあたっては、衛生・安全性の遵守、経済性の確保を図り、循環型社会の形成に寄与する。
  5. 廃棄物の削減と再資源化を推進して、適正な処理・処分を行う。
  6. 当社製品の環境への関わりについて環境啓蒙活動を推進する。

環境マネジメントシステム

岡山工場では、ISO14001:2015に基づく環境マネジメントシステムを運用しており、外部審査員による定期審査を受け、認証を継続しています。

また、全国の工場では生産・技術本部が主体となり、省エネルギー、省資源活動、生産性の向上、品質向上などをテーマに省エネ推進活動を行っています。
なお、活動の進捗を月に1回報告・共有するなど、積極的に推進しています。
引き続き、エネルギーの効率的運用や廃棄物の再資源化、CO2排出量の削減などにも取り組んでいきます。

埼玉県地球温暖化対策推進条例への対応

埼玉県地球温暖化対策推進条例(2009年施行)に対応するため、埼玉県内の工場では事業活動や燃料の使用に伴う温室効果ガスの排出抑制などに取り組んでいます。

毎年、各事業所で事業活動に伴う電気、ガス、燃料などのエネルギー使用量を把握し、温室効果ガス排出量を算定し、「地球温暖化対策計画書」、「地球温暖化対策計画実施報告書」として埼玉県に報告しています。
2021年度は第3計画期間初年度の2020年度目標である基準排出量より20%削減を上回る、22.4%削減ができました。

埼玉県地球温暖化対策推進条例への対応

※ 埼玉県内にある各工場の削減割合:関東工場は20.7%減、騎西工場は25.8%減


中央化学の目指すESG

製品の企画・開発から製造、流通のプロセスのみならず、資源循環リサイクルや職場環境の改善を含めてESG課題解決に取り組んでいます。その内容、進捗については、当レポートで環境、社会、ガバナンスの3分野に分けて報告します。

HOME / サステナビリティ / 環境(Environment) / 環境マネジメント